おとり広告の実態

聞いたことあります?おとり広告

おとり広告という言葉を聞いたことはありますでしょうか?
お引越しのためにお部屋探しをされた方であれば聞いたことがあるかもしれませんが
実際には紹介するつもりのない部屋を、さも案内可能なように掲載している広告になります。

なんのためのおとり広告?

ではなぜ紹介するつもりない物件を掲載しているかというと集客の為です。
気になるお部屋に問合せをした際、それはもう無いと言われ、別の物件を紹介された、
なんて経験がある方もいらっしゃるかもしれません。
まさにこれが常套手段です。
まずは周辺物件より安く、条件の良さそうな部屋情報を掲載し、問合せがきたところで別の物件を提案、
そのまま別の物件で契約させてしまうといった話しになってきます。

おとり広告の線引き

では問合せした際に無くなっているということは、それはおとり広告で掲載している不動産会社は
悪徳業者なのかというと必ずしもそういうわけではありません。
SUUMOやHOME’S、at home、CHINTAI、まいなび賃貸など不動産のポータルサイトでは
基本的に物件は手動で掲載しており、リアルタイムの更新というのは、現実的には難しいのが現状です。
そこで不動産広告を取り締まる公益社団法人首都圏不動産公正取引協議会では
最低でも2週間以内には更新するように取り決めてます。
ですので2週間1回程度、更新をしていればおとり広告とは言えないようです。
ちなみに不動産広告には掲載日と次回更新日を明記するようになっておりますので
どの程度更新しているかわかるようになってます。
まめに更新している業者でも次回更新日は念のために2週間先にしていることが多いですが。

最後に

部屋を探す側だけではなく、紹介する側の都合などもあり、実際におとり広告と言い切るのは難しいのです。
ですがしっかりと見極め、取り締まる組織もあり、皆改善していこうと考えているはずです。
そんななかで一部の利益を追及しすぎる悪徳業者のせいで、不動産業界全体が不振感をもたれている現状がとても残念です。