UR賃貸のお得なところ、敷金返却について

家とジャンプする男性

UR賃貸なら敷金がほとんど戻ってくる!?

引っ越しを検討しているとき、気になるのは費用ではないでしょうか?
ほとんどの場合、今いる物件を出る退去費用と新しい物件へ住む為の入居費用が発生する事になります。
退去する時に敷金が返ってくれば引っ越し費用を安くする事が出来ますね。
UR賃貸であれば礼金、仲介手数料は無料で更新料もかかりません。
今回はUR賃貸に入居した場合の敷金返還について見ていきましょう。

UR賃貸の退去時にかかる費用を抑えるには?

通常賃貸物件を退去する時は、敷金から原状回復費用を差し引いたものが返ってきます。
ほとんどの民間の賃貸の場合、退去時にクリーニング代を負担するという契約になっており、それを支払うことになります。
UR賃貸も例外ではありません。
しかし、UR賃貸は、民間の賃貸に比べて原状回復や修繕費用、クリーニング代がかなりお安いです。
退去時に査定がありますが、大掃除や自分で出来る範囲で修繕を行えば、部分部分で無料に抑えられるところも出てきます。

退去時にかかるのは原状回復の費用ですから、普段から部屋を傷つけないように注意しながら過ごせばそれが退去費用を削減することに繋がってきます。
では一体どのようなことに注意して過ごせば良いのでしょうか?

住んでいる間に注意する点は?

壁の日焼け跡や変色などは普通に使用していても起こることなので退去する時に負担する必要はありません。
例えば「タバコでどこかを少し焦がしてしまった」「家具を動かす際に床を削って傷つけてしまった」というような場合は費用の負担が必要になります。
その他キャスター付きイスでついたフローリングのキズ、壁などの釘穴・ネジ穴、結露を放置したカビ、換気扇の油汚れなどは入居者の負担となります。
故意や過失により発生した破損や損耗などは必ず負担しなければならないのでここは留意しておかなければなりません。
床のワックスや少しの黒ずみ、家具の重みで出来たカーペットのヘコみなど、普通に過ごしていて発生する少々のことは気にして過ごす必要はありません。
しかし、消せない傷などは注意しないと費用を負担することになりかねません。
万が一キズをつけてしまったとしてもホームセンターなどで買えるもので修理すればそれが良い査定に繋がる事もあります。

UR賃貸の修繕費用はどれくらい?

普段から多少は気をつけて過ごす方が良いとは思いますが、壁や天井、床などに常に気をつけていては息がつまってしまいます。
UR賃貸の修繕費用は平均で15,000円〜20,000円とのことです。※あくまで目安です。
民間の賃貸に比べて格段に安いのでUR賃貸の物件を検討されている方は、その点も考慮に入れてみてはいかがでしょうか。

公共賃貸をお探しならこちら!